久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 重陽の節句☆「五種の炊き込み御飯の素」を使った『菊ちらしの炊き込みご飯』レシピ♪

2016年09月09日
重陽は別名菊の節句や栗の節句ともいい、長寿を願って食用菊を食べていたそうです。
華やかで秋の旬がぎゅっとつまった簡単な炊き込みご飯を作ってみませんか?

本日のレシピ… 重陽の節句☆「五種の炊き込み御飯の素」を使った『菊ちらしの炊き込みご飯』レシピ♪

☆ 527kcal/人 塩分2.7g/人 ☆

【材料】 2~3人分
・米           2合
・食用菊        3つ
・甘栗(皮をむいたもの) 10個くらい
・さつま芋         適量
・人参         適量
■五種の茸の炊き込みご飯 1袋
・酢          適量
・油          適量


【作り方】
1.洗米し既定量の水を入れたら、5種の茸の炊き込みご飯の素と甘栗を入れ、30分程おいたら炊飯する。

2.食用菊は中心2㎝くらいを残して花びらをとり、軽く洗う。
沸騰したお湯に酢を少量入れ、菊の花びらを入れて再沸騰したら、冷水にとる。

3.さつま芋と人参は薄くスライスし、160℃前後で素揚げする。

4.1の炊き上がったご飯を器に盛り、2のよく水気を絞った菊の花と3の野菜の素揚げを飾っていただく。

☆ポイント☆
お米を1/4量ほどもち米に変えても、美味しくいただけます。



[本日使用した商品]

天然のうまみ成分を多く含む椎茸、舞茸、えのきだけ、ぶなしめじ、エリンギを昆布と椎茸のだしで味付けした茸三昧の一品。

★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/3311
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する