久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 もっちり「茅乃舎だし」と「すき焼き割り下」でつくる☆里芋のお焼き☆レシピ

2014年10月06日
本日は十三夜、月が少しかけその美しさに趣を感じられる日だそうです…
月に見立てたほんのり甘い里芋のお焼き。今夜いかがでしょうか?

本日のレシピ…もっちり「茅乃舎だし」と「すき焼き割り下」でつくる『里芋のお焼き』 ☆67kcal/個☆

【材料】 直径5cm×6個分

・里芋 3個(約200g)
・木綿豆腐 150g
■茅乃舎だし 1/2袋
・片栗粉 大さじ1
・片栗粉(まぶす用)適量
------------------------------------
■すき焼き割り下 50ml
・水 大さじ2
・片栗粉 小さじ1
※すき焼き割り下・水・片栗粉…[A]とする
------------------------------------
・青のり お好みで


【作り方】

1.里芋は皮をむき、爪楊枝がすっとささるくらい柔らかく煮る。
豆腐はキッチンペーパーで包み、600Wで3分レンジにかけて水切りをする


2.1.の里芋を潰して、豆腐、茅乃舎だしを混ぜ、直径5㎝厚さ1㎝くらいの円盤状に形を整えたら、
薄く片栗粉をまぶしてフライパンで焼き焼き色をつける


3.[A]を混ぜ合わせて鍋に入れ、弱火でトロミがつくまで木べらなどで絶えず混ぜる。
トロミがついたら2.を入れてからめ、お好みで青のりをふっていただく


☆ポイント☆

2.の工程でフードプロセッサーなどを使うと、滑らかな食感になります。
里芋は茹でたら水気拭きましょう!
------------------------------------------------------
里芋のもっちりとした食感はお焼きならでは♪
月を見ながら食欲の秋をぜひお楽しみくださいませ)^o^(
------------------------------------------------------

[本日使用した商品]

茅乃舎の料理長が厳選した四種類の国産素材をブレンド、北海道の真昆布、鹿児島県の鰹節、九州のうるめいわし、そして長崎県の焼きあごを含んでいます。下味として、天草灘の海塩と醤油を少量加えていますので、むずかしい和食の味つけもかんたんです。


本醸造醤油や本みりんを使った、ご家庭の「すき焼き」がぐっと美味しくなる割り下です。◎肉じゃが、牛丼、そぼろ煮などに


★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/2689
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する