久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 伊豆本店での酒造り…

2013年02月27日
今年、酒まんじゅうを紹介した伊豆本店さんでは、
ごはん家椒房庵の店長、浦岡と仕込みから絞りまで体験させていただきました。


酒造りの職人・杜氏の方と一緒に仕込みをするには通常何年もかかりますが、
「自分たちのお店で、お客様にお薦めするお酒が、どのように作られているのか見学させてほしい」
という店長・浦岡の熱い想いが通じ
 「お米を蒸し ⇒ 麹づくり ⇒ 仕込み ⇒絞り 」
までの一連の流れを 実際に杜氏さんについて学ばせてもらいました。

私も知らないことだらけ。

酒米を磨き上げると、こんなに光かがやきます。


室(むろ)の中は、高温多湿。。
杜氏さんは「麹は、いっちょん自分の思うようにならん、娘みたいなもん」と。
その言葉から、麹造りのむつかしさと酒造りへの愛情がうかがえます。



伊豆本店さんは、昔ながらの「槽(ふな)しぼり」という方法を用い、
自然に滴り落ちてくるお酒を汲み取ります。


実は、この槽絞りには最低5年かかるといわれているほど
経験と熟練が必要な花形の仕事に、浦岡が挑戦させていただきました。



お酒一つとってみても、蔵によって、杜氏さんによって
味わいがちがう。

当たり前かもしれませんが、おいしさ・うまさの奥深さを
感じずにはいられませんでした。


ご協力いただきました伊豆本店の皆様、ありがとうございました


(ほりした)

ごはん家 (http://www.jrhakatacity.com/gourmet/shobo_an/
※3月中旬から 浦岡が一緒に仕込んだ初しぼりが入荷予定です


★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/2059
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する