久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 生アスパラのみずみずしさに感動!茅乃舎のアスパラ収穫体験ツアー(1)

2012年06月18日
茅乃舎で「もっと農業や食のことを知ってもらいたい」との思いから、さる5月25日。収穫体験ツアーがおこなわれました。小雨の中、元気に天神前をバスで出発。小倉や直方、田川のお客様、一番遠い方は大分を7時に出られたそうです!!バスの中では美田の黒田がこの日のために作ったDVDを鑑賞しつつ、福津市の『片岡永香農園』を目指しました。
 40歳で脱サラし、無農薬・無化学肥料の農業を続けて来た片岡さん。アスパラやタマネギ、さまざまな作物を安心な方法で栽培しています。

アスパラ収穫061.jpg

 まずは片岡さんから、「アスパラ収穫3つの約束事」
 ● 親木を傷つけないこと。親木が傷つくと芽が生えなくなります。特に親木と芽が近いところは要注意。
● 黄色い輪ゴムのついたアスパラは親木に育てるものなので切らないこと
● パイプを切らないこと。アスパラは困らんが、私が困ります(笑)

 アスパラは、背の高い親木が『擬葉』と呼ばれるふわふわした茎を広げて日光を浴び、土の中に張り巡らした地下茎に栄養を蓄えます。その地下茎から芽が出てきたものが、アスパラガスというわけです(筍と同じようなイメージですね)。一部の芽は摘み取らず、『立茎』と言って新しい親木にするために育てます。片岡さんは、親木にするために目星をつけたアスパラに、黄色い輪ゴムをかけ目印にしています。
 
アスパラ収穫067.jpg

このフワフワの「『擬葉』の下から、アスパラがにょきにょきと生えてきます!


★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/1836
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する