久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 「ごはん家 椒房庵」のご紹介

2011年08月18日
先日ちょっと用事があって、博多駅の「くうてん」にあります、「ごはん家 椒房庵」に行ってきました。

3/3にオープンしました、おいしいご飯と明太子が食べられる気軽にお越しいただけるお店です。

http://www.shobo-an.co.jp/corporate/shop/gohanya.html

※「くうてん」とは、空天という意味と、博多弁の「食べてみて」という意味の「食うてん!」の二つの意味があると聞いたのですが、どなたか正式な答えをご存知の方いらっしゃいますか?

「ごはん家 椒房庵」は入りましたら、目の前のカウンターの奥に、かまどが3つ並んでいます。

kama.jpg

このかまどは、自然食レストラン茅乃舎にあります、三連かまどを作っていただいた左官職人・原田進さんの作品です。見事な朱色。ずっと見ていても飽きない色です。

私が行ったら、「ごはん家 椒房庵」の料理長後藤が顔を出してくれました...。

gotou.jpg

私がいただいたのは、魚の味噌煮定食。ご飯はお代わり自由。小鉢の料理も椒房庵自慢の明太子あり里芋あり、古漬け高菜明太あり...とそれだけでご飯一杯が行けそうな感じです。
思わず食べ過ぎてしまいますね。味噌汁の味もばっちり。この味とボリュームでこの値段ですから、本当にお勧めです。

sakana.jpg

まだ今の時期は夏休みの家族旅行の方たちで、大変にぎわっており昼も夜も中に入っていただくまでに、少しお時間をいただくような状況ですが、博多駅にいらしたらぜひお立ち寄りください! 自信を持ってお勧めいたします。

★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/1598
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する