久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 父の日のプレゼントには、椒房庵特製の芋焼酎を ぜひ!!

2010年05月25日
まず皆様にお詫びがございます。

私たちが芋作りからこだわって作った焼酎を「『鳴門金時』の芋焼酎」とご案内しましたが、
『鳴門金時』という言葉は、徳島市・鳴門市・板野郡に農場を持つ農家の方により栽培・出荷される芋の事を指します。

私たちが作った芋は苗は鳴門金時でも、正確には
「鳴門金時と同じ系統の『高系十四号系』さつまいもを使用した芋」
という事になります。

誤解を招く表現がございました事をお詫び申し上げます。

福岡県の農業試験場の方のご指導を仰いで作った芋ですので、
品質には問題なく、焼酎も大変美味しく出来上がっております。

今後はこのような事がないように正確な表現に注意してまいりますので、
何卒よろしくお願いいたします。

----------------

さて、その「鳴門金時と同じ系統の『高系十四号系』さつまいもを使用した芋焼酎」ですが、
私たちが思っていた以上に美味しい芋焼酎に仕上がっています。

imoset_500.jpg

父の日の特設ページ


最初の一杯目は、「ロック」で飲んでみてください。

よく「芋の甘い香り」と言われますが、うちの芋焼酎は、その「甘さ」の質が違います。
焼酎の嫌な香りなど一切しません。香ばしい芋の香りです。

一口含むと、鼻に抜ける甘い香りとともに、口の中に広がるうま味。
この芋焼酎はアルコール度が30度ですので、大変うま味が濃いです。
(通常の25度とここまで違うか...と感じていただけると思います)

のど越しもスムーズで、すっと入って行きます。

この焼酎は、黒麹で作りましたので、もう少し力強く主張するのか...と思っていましたが、
とてもまろやかで、芯はしっかりしている...という感じでしょうか。

芋焼酎好きにはたまらない逸品ですし、今まで「ちょっと芋は...」と敬遠されていた方も
美味しく飲んでいただける事請け合いです。

芋は、ずっとブログでご紹介しております通り、
苗の植え付けから夏場の草刈り、秋の収穫まで、農薬や除草剤を一切使わず栽培しています。

ぜひ、この焼酎を「父の日」のプレゼントに!!

お父様からの感謝の声が昨年までと違ってくると思います(笑)。

明太子とのセットもご用意しております。
メッセージカードも承っておりますので、ご指示ください。

■父の日の特設ページ


★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/1287
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する