久原本家公式ブログ

久原本家公式ブログ

 美田の無農薬イチゴ

2010年02月16日
zentai11.jpg

今までブログで何回かご紹介してきました、完全無農薬の美田のイチゴですが、
また野菜博士の谷野に話を聞いてきました。

無農薬でイチゴを作るというのは、谷野も初めての経験でしたので、
色々なイチゴ農家や専門家の学者の方などに指導を受けに行ったそうですが、どなたも
「そりゃあ、無理ばい...」
と全く相手にされなかったとのこと。

逆に
「よくあんた、ここまでカンパったねぇ...」
と慰められたとのことです。

ただ色々な問題や障害がありながら、着実に無農薬イチゴは収穫に向かいつつあり、
現在は3月4月の収穫の全盛期に向けて、実を増やすための作業をしています。

その中で一番の問題が、
「蜂を入れていないので、受粉がうまくできず、不格好なイチゴになってしまう...」
という事でした。

hen.jpg

ビニールハウスでの栽培ですので、
普通はミツバチを借りてきてその中で蜂に受粉してもらうのですが、
今回は病気などの用心と言う事でハチも入れていません。

ではどうして受粉したのか?

なんと谷野が一つ一つの花を手で触ってなでるようにしながら受粉させたのです!!

しかしやはり膨大な作業で時間もかかり、なおかつ見落としや完全に受粉出来ない...と
言うようなこともあり、今回ついにミツバチを入れて受粉させようという事になりました。

現在ミツバチを貸してくれる養蜂場の方を色々あたっている状況です。

業者さんが見つかって、ミツバチがハウスの中を飛び回って一杯受粉してくれれば、
きれいな形の美味しい実がいっぱいなると思います。

今後も色々な困難はあると思いますが、
一つ一つ解決してぜひ皆様に美味しいイチゴを食べていただきたい...と
谷野は毎日頑張っております。

皆様、応援よろしくお願いします!!

★ この記事にコメントする
|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://news.k-shop.co.jp/tb.cgi/1208
オンラインショッピング
カテゴリー
最近の記事
『数の子』レシピ
2017年12月27日
記事一覧へ >>
バックナンバー
2018年
2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEEDRSSを登録する